進化し続けるカタログギフト

相手に喜ばれるカタログギフト

ギフトを贈る側(冠婚葬祭)からいえば何よりも頭を悩ませます。頂いた金額によっては問題です。通常ならスタンダードなお返しでも良いのでしょうが、高額となるとやはりありきたりな物で済ます訳にはいきません。といってもカタログを見ると、布団などのどこの家でもあるものに。かといってバックや陶器になると、人それぞれ趣味趣向が違います。やはり喜ばれる物を贈りたいです。
しかし近年相手方に選んで頂けるカタログギフトなるものがあります。私はこのシステムを利用しました。近隣のギフト専門店を何店か足を運びカタログを調達。勿論サイトも見比べました。店によっても割引き率も違えば、載っている物も微妙に違います。そして贈る立場では無く贈られる立場になり、どのギフトカタログ興味が湧いたか考え、ギフト専門店を決めました。
ギフトカタログの中には温泉、ディナー、装飾品(色、サイズ)、食料など、多様化されているので、見ているだけでも楽しめます。贈る側はお店と金額を指定して提供すれば、後は相手方が喜んで選んでくれます。不要な物を頂くよりまだ使い勝手があります。便利な世の中になりました。私もギフトカタログでお返し貰った事がありますが、自分で選んだ品物なので愛着あります。

無駄のないカタログギフト

結婚式の引き出物などで重たい食器などをもらったり、新郎新婦の名前が入ったものなどをもらって、それを持って2次会に行ったり、久しぶりに会った友達とお茶などして帰ったり、遠い場合は宿泊も伴ったり、荷物がかさばるのは大変だなあといろいろ思っていたところ、カタログギフトは画期的だなあと思いました。
自分の必要なものに交換することができ、無駄にはならないなと思いました。よく引き出物でもらったんだろうなと思われるものが、そのまま箱ごとリサイクルショップなどに置いてあることがあります。そういうのを見るとカタログギフトはとても良いアイデアだと思います。
友達の結婚式でカタログギフトでさえ荷物になるであろうと、カタログギフトを参列者全員に宅急便で送ってくれた友達がいました。そこまで気を使う必要はないと思いますが、荷物や無駄にならないということを考えたのであれば、相手を思いやってのことだと思います。
カタログギフトをもらったあとは、冊子をペラペラめくりながら自分の欲しいものを探すのはとてもワクワクします。自分の欲しいものを買い物するのとはまたちょっと違った楽しみがあります。今はカタログギフトの注文もハガキではなくネットで簡単に注文できたりするので、これからますます進化しそうなカタログギフトがとても楽しみです。

contents