引き出物のカタログギフトは双方に利点がある

カタログギフトはどんな時に使える?

もらって嬉しいカタログギフトは、贈りやすいギフト品としても人気があります。既にもらったり贈ったりしたことがある人も少なくないと思います。双方にとってメリットがあるカタログギフトですから、どんな時使えるのか知っておくと役立つ時がありそうですね。
カタログギフトが利用されるシーンで最も多いのが、結婚式の引き出物です。かつてのような名入りの食器や日用品の引き出物は持ち運びの重さなどが不評で、また好みに合わないこともあるため、最近は少なくなっています。その代わりに増えているのがカタログギフトです。結婚式はお祝い金も高額であることが多いため、高額のカタログギフトを選ぶことも多く、もらった人も良いものに交換できるため喜んでもらえそうですね。
同様に引き出物で利用されるシーンとしては、法事の引き出物での利用があります。また香典返しとして利用するケースもあるようです。カタログギフトは低価格での品揃えもありますから、香典返しとしても使えます。
各種の内祝いや快気祝いにもカタログギフトは最適です。内祝いは出産のシーンの他、新築の内祝いもあります。出産の内祝いの場合などは、別注文でカタログギフトにお子さんの写真や名前を入れたメッセージカードを挟むことも可能です。その他各種の贈り物や時節のお歳暮やお中元として使うことも可能ですから、色々なシーンに利用してみてはいかがでしょうか。

カタログギフトの価格について

最近は贈り物や引き出物、内祝いや快気祝いなどにカタログギフトを選ぶケースが増えています。カタログに載っている商品の中から自分の好きなものを選べるのがカタログギフトで、従来の贈り物や引き出物の代わりとして贈れるギフト品です。せっかく贈るのであれば好きなものを選んでもらった方がベターといった発想で、大変人気があります。結婚や出産や新築など、人生の大きなイベント時にカタログギフトを利用する機会もあると思いますので、今回はその種類の中で価格についてご紹介します。
カタログギフトは予算に合わせてランクがあり、低価格では1500円程度のカタログから準備があります。ちょっとしたお返しや贈り物の場合にも利用できますね。価格のバリエーションは1500円くらいから、500円~1000円単位で段階的に揃っています。高額のものは10万円程度のものもあり、予算に合わせて選びやすいギフト品といえるでしょう。
カタログに掲載されている商品は、カタログの価格と同等のものが集められています。例えば5千円のカタログであれば、5千円程度の商品ラインナップです。カタログの種類は総合的な商品を扱っている定番カタログの他、グルメ品のみのカタログや、旅行や食事やエステなどの体験型専門のカタログもあります。またブライダル専門や出産内祝い限定のカタログ、オリジナルなラインナップのカタログなど豊富な種類から選ぶことが可能です。

contents